椎茸栽培の手引き

植菌(しょっきん)

時期:冬期~4月頃

きのこ発生時期は、種駒では、植菌から2夏経過後、成型駒では植菌した年の秋に見込めます。

 

ダウンロード
原木きのこ植菌の目安
原木きのこ植菌の目安.pdf
PDFファイル 187.2 KB


仮伏せ(かりぶせ)

時期:植菌後~6-7月頃

 

植菌した菌から原木に菌糸の活着を早めるために「保温・保湿」します。

置き方は、井桁横積みよりも縦積みの方が原木内部からの水分が抜ける為、菌糸の活着が良いようです。

ダウンロード
椎茸栽培手引き1
椎茸作業工程説明「カリブセ」.pdf
PDFファイル 814.5 KB


本伏せ(ほんぶせ)

時期:菌糸活着後~6-7月頃

 

害菌の発生を抑え、しいたけ菌の伸長を図るため、夏の暑さで菌が弱らないように、ほだ木の間に風が通る間隔(10-15㎝程度)を保つように組み替える。

ダウンロード
椎茸栽培手引き2
椎茸作業工程説明「ホンブセ」.pdf
PDFファイル 788.2 KB


金沢森林組合・本所
〒920-1302 
石川県金沢市永安町77
電話 076-229-1131
FAX 076-229-1083
mail office@kanazawa-forest.com
販売時間 9:00~16:00(平日のみ)

土・日・祝日お休みです。